【テレビ】出演協力:NHK グッと!スポーツ(2018/12/11)

NHK グッと!スポーツ
http://www4.nhk.or.jp/g-sport/x/2018-12-11/21/15801/1743103/
毎週火曜 午後10時25分 │
再放送 毎週火曜 午前1時45分(月曜深夜)

12/11は、闘うママアスリート、バレーボール選手の荒木絵里香さんがご出演なさいます。

娘さんのお弁当を作ってあげたい、という願いがあるそうで、少しだけですがご一緒させていただき、お弁当の詰め方を簡単に解説しました。

収録を拝見していましたが、終始穏やかでとても温かいお人柄で、さすが、本当にスタイルがいいです。
元女子バレーボール部で、代々木にも世界大会の試合を見に行ったりしている私としては、長く現役をなさっている荒木さんにお会いできて、とてもうれしかった!

荒木選手の、普段の試合中とはまた違う素晴らしさが伝わってきました。ぜひご覧ください。

「スープジャーで冬のあったかお弁当教室」開催

https://www.club-thermos.jp/campaign/show?page=event_cookingclass_winter

サーモス社によるクラブサーモス会員限定のお弁当教室が開催されます!

今年の初めにも行われたスープジャーお弁当教室ですが、好評につき、この冬も開催されることになりました。
「お弁当の悩みを解決!サーモススープジャー冬のあったかお弁当教室」は全4回開催予定。テーマを変えて、お弁当の色々な悩みを解決します!

第1回目は応募多数ですでに締切。現在、第2回目の応募を受け付け中で、11/7までがお申し込みの期限となっています。

ちなみに第1回目のテーマは、「フードロス」。私は、食材や食品といったいわゆるフードだけでなく、意外と自分も気づいていない時間や手間などお弁当を作る中に潜む「ロス」をスープジャーを使うことで解決できる!ヒントをご紹介しながら、実際にウソみたいに簡単なスープジャーの調理実習もやったりします。

フードロスについては講師として、食品ロスの再生プロデュースを手がけるFood Remix Company一般社団法人「フードサルベージ」代表で、フードロスの学校プロジェクトなども手がける平井巧さんとご一緒させていただき、ゆるく愉快な感じでフードロスをみなさんと学べたらと思っています。

現在ご応募受付中の第2回目のテーマは「家事シェア」。自分自身が共働きの両親と暮らし、そして巣立ってからは3人の子どもを育てながら仕事をし続けてきた私には、とても身近なテーマです。実体験の中で思うのは、家族はみな、それぞれ年齢を重ね、それに伴い家族内や社会ので、できることややりたいこと、必要とされることも変化していくということ。その中で、家族がお互いにさりげないながらも心地よく家族の食卓を支え合うヒントを、スープジャーを通してみなさんと探っていけたらと思います。

日本で唯一の「パパ料理専門家」滝村雅晴さんとご一緒させていただき、こちらも調理実習やご試食などもあわせて楽しめる内容になっています。

ご興味持っていただけましたら、ぜひお気軽にご応募ください!

日時
第1回:10月30日(火) 11:00~13:00
第2回:11月11日(日) 15:30~17:30
第3回:12月  3日(月) 実施予定
第4回:12月14日(金) 実施予定
※各回のテーマと開催時間などの詳細は決定次第、本ページならびに、サーモス公式SNSでお知らせいたします。
場所
ベターホームのお料理教室 渋谷教室
〒150-8363 東京都渋谷区渋谷1-15-12
JR、銀座線渋谷駅より徒歩4分
東横線、副都心線、半蔵門線渋谷駅より徒歩3分(13出口または13a出口からは徒歩1分)
参加料
無料
参加特典
その場でスープジャーが当たる抽選会を開催
持ち物
エプロン、ハンドタオル、筆記用具
応募方法
クラブサーモスに会員登録の上、申込みフォームよりご応募ください。
応募多数の場合は抽選となります。第1回の抽選結果は、10月26日(金)正午までにご連絡いたします。
第2回の抽選結果は、11月7日(水)正午までにご連絡いたします。
応募資格
当日必ずご参加いただける方に限らせていただきます。2名様まで同時申し込み可能です。

※本イベント内で撮影した写真素材は、サーモスのホームページやfacebook、Instagram等の広告活動にて使用される場合がございます。予めご了承ください。
応募締切
第1回:10月25日(木)AM10:00まで
第2回:11月  6日(火)AM10:00まで
消費ポイント
CLUB THERMOSポイント50pt(1口)
応募はお一人さま1回(1口)とさせていただきます
(新規会員登録で100ptが進呈されます)
お問い合せ先
サーモス スープジャーのお弁当教室 事務局
thermos-cooking@ypcpr.com




Food loss thinking day@EDGEofでもらったにんじんがお腹に収まるまで

おととい渋谷EDGEofで、Social Innovation Forum の中のイベントの1つ「Food loss thinking day Shibuya」が開催されました。
イベント全体は下記のように、興味深い内容盛りだくさんでした。会場は連休最終日にも関わらず満員御礼。

IMG_4104

【フードロスの課題を知る】
14:05 基調講演 農林水産省 鈴木健太
14:15 フードロスの現状について SIGMAXYZ Inc. 田中宏隆
【フードロス削減の活動を知る クロストークセッション】
14:50 HORBAL 野上優佳子 × 一般社団法人 日本食育コミュニケーション協会 石原奈津子
15:30 株式会社Cocooking 川越一磨 × 株式会社 寶田堂 関 喬史
16:10 株式会社ブラウンシュガーファースト 金子隆耶 × 菓子食品メーカー
16:50 一般社団法人フードサルベージ 平井巧 × 高田大雅
【フードロスから考える食の未来を知る】
17:30 株式会社マイナビ マイナビ農業 村田敏明
17:50 デイブレイク株式会社 木下 昌之
18:10 クックパッド株式会社 住 朋享

食品ロスの理由はとても些細で、しかもさまざまで、同じ人間でも日々違う。私は、全国各地のスーパーマーケットのアドバイスやコンサルでも活躍する石原奈津子さんとご一緒に、食品が家の中に入って人のお腹に収まるまでの動きを見ながら、それぞれのロスについて細分化し、その中に手がかりをさぐっていきました。

スクリーンショット 2018-09-18 10.21.43

調達の際になんでロス?と思われるかもしれませんが、実は手つかずで捨てている食品の10%以上が「もらいもの」なんていう調査結果もあったりします。試供品とか、思わずコンビニのくじで当たっちゃった食べないお菓子とか、そんなのも食品ロスに含まれていると思うと、「私ほとんど捨ててない」と過信しちゃいけないな、と気付かされます。

そして、こういう話はやたら首都圏に偏りがちですが、そこから発信をして小さくても試しながら改良していくことでみえる未来はあると思いました。登壇者のお話を最後まですべて聞かせていただいたのですが、改めて思ったのは、首都圏と地方とでは全く違う課題を抱えているだろうけれど、片方からでは解決せず、また最新技術とアナログは常に寄り添ってこそ課題解決できるだろう、ということでした。

イベントに登壇なさったマイナビ農業の村田敏明さんがにんじんを持って来てくださったのですが、それはいわゆる規格外で流通に乗らずに廃棄されていたものだそうで。これって多分農産物の過剰生産分として産地廃棄、需給調整のための事後的数量調整ということになれば、これは食品ロスには当たらないんだそうです。いろんな人の話を聞くと、本当に新しいことを覚えられるものだなあと。

私は、4本いただいて帰って来ました。せっかくこのテーマのイベントでいただいたものなので、家に食品が入ってから消費までの話もした手前、我が家でこのにんじんたちがどんな流れでお腹に収まっていくのか、写真に撮ってみました。

42211730_2088362017895009_6951242377726001152_n

もらってきた4本のうち2本は、昨日新玉ねぎ1個とニンニク1かけ、酢、オリーブ油、塩コショウでドレッシングにしました。 この時に出た野菜クズは1/2カップぐらいでした。

もう2本は今日、玉ねぎ1個、じゃがいも1個、牛乳、ローリエ1枚と塩コショウで煮てポタージュにしました。野菜も炒めず、ザクザク切ってクタクタに煮てハンドプロセッサーでピューレにしただけ。この時の野菜クズは1カップ強という感じ。

ついでに昨日と今日のにんじん含めた野菜クズは約1.5カップ。これを煮て野菜出汁を取って、これは明日の朝ごはんのベースになります。

すくいとって汁気しぼった野菜クズが2/3カップぐらい。これは食べられないと判断して捨てました。ポタージュは今日で食べ切り、ドレッシングはあと4日ぐらい楽しめそうです。

食品ロスって、お堅い話ばっかりだと疲れます。
あれするなこれするな、あれやれこれやれ、ばっかりが多い。
でも、あれもできるなこれもできそう、ああしたらおいしそう、が数珠繋ぎになることで、気づけばロスって減ってるじゃん!ってこともたくさんあると思っています。

夏こそスープジャーをオススメする理由

今年は、梅雨明けも早く、暑さ厳しい毎日が続いています。
こうなってくると、外気温と室内の温度変化も激しく、食欲も落ちてきたりして、お弁当も一体何を作っていいのやら、と頭を悩ませます。

夏場のお弁当で怖いのは、やはり傷んでしまうこと。
さまざまなニュースサイトなどを見ると、痛み予防のアイディアが特集されていますが、作った後に小手先であれこれするよりも、まずは基本の3大原則を意識した方がずっとリスクを下げられます。

• まずは食中毒の基本を確認

食中毒予防の基本は、その原因となる細菌を「つけない・増やさない・やっつける」の3原則。

<細菌をつけないために>
手指や調理器具、そして調理環境(シンクなど)の洗浄や消毒、食品が汚染されないように保管し、調理器具を用途ごとに使い分けることがポイントになってきます。
見落としがちなのが、食品の購入時。生鮮食品は肉汁や魚などの水分がもれないようにビニール袋などにそれぞれ分けて包んで持ち帰り、寄り道せずに帰宅してすぐに冷蔵庫や冷凍庫に。

<細菌を増やさないために>
たとえ細菌がついたとしても、それが体内に影響を及ぼすほど増えないうちに食べてしまえば食中毒の深刻な症状として現れないわけですが、作ってから食べるまでタイムラグがあるお弁当は、そこが一番難しいところ。というわけで、菌が繁殖しやすい環境を作らないことが大切になります。
細菌は通常、10℃以下の環境においては繁殖しづらくなると言われます。たとえ加熱した食品でも、室温に長時間放置せず冷蔵庫に保管し、また詰めたお弁当も、保冷材などを使って冷たくしておくと安心です。ここで気をつけたいのは、細菌の多くは、10℃以下では増殖が遅くなり、-15℃以下になると増殖が止まるといわれますが、しかし、細菌が死ぬわけではない、ということ。早めに使いきるようにしましょう。

<細菌をやっつけるには>
食中毒を起こす細菌は熱に弱いものが多く、たとえ食品に細菌がついていてもそのあとに加熱すれば死んでしまうため、よく「食品の加熱調理は、75度で1分以上加熱すること」と言われています。ただ、加熱が不十分であるために食中毒菌が生き残っていて食中毒が発生したりことはよくあるので、過信できません。
と、一応ざっとおさらいしてみました。食中毒菌の種類や予防については

食中毒予防(花王)
https://www.kao.co.jp/pro/food_poisoning/
家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/0903/h0331-1.html

の情報がおすすめです。

• スープジャーがオススメの理由は「容器内の温度」

というわけで、本題に。
スープジャーは、冬に温かいものを食べられる、ということが大きなメリットで注目されますが、夏こそオススメする理由は、「熱いものは熱々で、冷たいものは冷え冷え」で食品を保つ機能が高い、というところです。
前述のように、食中毒を起こす細菌は熱に弱いものが多く、そして10℃以下の環境においては繁殖しづらいです。スープジャーは魔法瓶と同じ真空構造なので、他の素材のお弁当箱に比べて外気温の変化に強く、容器内の細菌が増えづらい環境を保ってくれるわけです。そこで、実際にどれぐらいの温度になるかを、35℃の猛暑日、25℃設定のクーラーつきの室内で測ってみました。

実験① 保温効力

これは、なめこの味噌汁をスープジャー(300ml)に入れて温度を測った様子です。スープジャーは味噌汁を入れる前に熱湯を注いで3分予熱し、その後お湯を捨てて味噌汁を入れました。保温バッグに入れずに、そのまま置いています。

スクリーンショット 2018-07-28 11.52.53

これを見ると、85℃は一般的に熱に弱い食中毒菌を死滅させるのに十分な温度で、5時間経っても66℃以上を保っていました。

実験② 保冷効力

これは、アボカドと豆乳の冷製スープをスープジャー(300ml)に入れて温度を測った様子です。スープジャーには、スープの他に氷を3個入れました。保冷材を入れた保冷バッグに入れて、室温に置いた結果です。

スクリーンショット 2018-07-28 11.53.00

作りたての時は16℃程度ですが、時間が経つにつれ氷が容器内のスープも冷やしてくれて、結果的には5℃まで下がっています。冷蔵庫と同じ程度の、増殖が遅くなる冷たい温度を保っていることがわかりました。

※プラスティックやステンレス、アルマイト、ホウロウなどに比べると、外気温からの影響がずっと受けにくいスープジャーですが、ゼロではありません。保温のものは保温バッグ、保冷の場合は保冷材付きで保冷バッグにいれておけば、そのまま持ち運ぶよりも効力が高まります。

  • スープジャーでの注意事項

保温保冷効力の高いスープジャーですが、基本的な使い方を間違えると逆効果になります。ポイントは通常のお弁当と基本的に変わりません。容器はパッキン部分も含めて清潔に、生鮮食品は完全に火を通す、そして調理してから6時間以内に食べきること。

スープジャーの特性を十分に活かすコツや主な注意事項を書き出しておきます。

    • スープジャーは清潔な状態で使用すること。パッキンなども外してよく洗う。
    • 容器内の予熱は、沸騰してグラグラしたお湯を入れる。
    • 保温調理を過信しないで。生鮮食品は必ず完全に火を通す。 ベーコンやウインナー、練り物なども同じように加熱してから容器の中に入れる。
    • 加熱調理したら沸騰した状態ですぐに入れ、そしてすぐにフタをする。
    • 液体が少ないと温度が下がり(または上がり)やすい。
    • 粘度の高いもの(ポタージュ、クリームスープ系)は、さらっとした汁物(味噌汁やお吸い物など)に比べて温度が下がりやすい。
    • 具材が大きいものは、まわりの液体が沸騰していても具材の中心まで温まっていないことが多いので、加熱時間を増やすか、具を小さめにする。
  • 夏場のお弁当は、無理せずできるだけシンプルでOK

ただでさえ熱気のこもるキッチン。暑い夏は、無理をせずにできるだけシンプルなお弁当づくりが良いのではないかと思います。あれこれ作っているうちに食品は傷む、作っている本人も疲れる、ではイヤになります。
作り置きを詰めて、傷まないかな大丈夫かな、と心配するのもナンセンス。それよりも簡単にその朝の作りたてを1品だけ、と割り切るのも手です。味噌汁やスープがあれば、あとはコンビニでおにぎりやパンでも買えば、十分お昼にお腹が満たされ、スープジャーならではの熱々や冷え冷えが作りたて感も感じさせてくれるので、結構満たされるのです。

スープジャーは、実は短時間調理という面からもオススメです。それについては第2弾で。とにかく、暑い夏は、あれこれ無理せず簡単に!

6/24お弁当番組を生配信@クックパッドTV

プロの料理家や料理上手な有名人とLIVE配信で一緒に料理が楽しめるクッキングLIVEアプリ「cookpadTV」で、6/24(日)昼12時からお弁当の番組を生配信させていただくことになりました。

とにかく普通のお弁当を作る。キャラ弁も、飾り切りも、ピックもナシ。効率的に作ることでお弁当作りが気楽になり、続けるのも楽になる、がテーマです!
番組は、cookpadTVアプリをダウンロードしていただくとご覧いただけます。
ダウンロードはこちら↓
https://www.cookpad.tv

 

IMG_3180

今回は、上の写真のような、豚の生姜焼きに加えておかず3品(きゅうりの胡麻和え、巾着卵、野菜の焼きびたし)のお弁当をライブで作ります。効率よく作る調理手順や、詰め方の定型を持つコツなんかもお伝えできたら、と思っています。

ちなみに、使う食材は、
タンパク質系は、豚薄切り肉と卵。
野菜は、玉ねぎ、きゅうり、なす、赤パプリカ。
薬味系の大葉としょうが、そしてすりごまがあれば完璧。あとはごはんですね。
調味料は、
お好みのサラダ油、酒、醤油、塩、砂糖、ポン酢。
ご自宅にあるもので、買い足し不要です。

配信中には、視聴者のかたかたのコメントが私も見られるそうで、どんな風になるのか見当もつかず、とても楽しみです。失敗したらご愛嬌と思って笑ってください!

5/20日経WOMAN EXPO@東京ミッドタウン

今年で5周年の日経WOMAN EXPO@東京ミッドタウン。キャリア、健康、美容、さまざまなテーマが楽しめる、働く女性のためのビッグイベント、今年は5/19〜20に開催。

fullsizeoutput_27ce

仕事のご縁でこれまでも会場に足を運んでいますが、回を重ねるごとに熱気がすごい。今年も、池上彰さんはじめ、注目の講演やセッションが2日間続いています。

5/20の12:10〜12:50には、「忙しい女性にオススメ!明日からお弁当ライフが簡単楽しくなるスープジャー活用講座」というタイトルで、私もカンファレンスROOM7で、講演させていただきます。今年のはじめにやらせていただいたスープジャー料理教室の内容をコンパクトにして、まさに「3分でできるおかゆ」や、スープジャーならではの余熱調理による時短弁当のアイディアなどをお話しします。

fullsizeoutput_27d0

 

参加無料、事前登録制となっております。ただいま受付中!皆様とお会いできますように。会場でお待ちしています。

登録はこちらから⇩
http://www.woman-expo.com/tokyo/session/session-detail?m=2&eid=39

 

来訪者の位置情報を可視化する弁当箱「LifeLineLunchBox」体験レポ

(マイナビニュースより)博報堂アイ・スタジオとソラコムは213日、アウトドアアクティビティにおけるIoTを使った新しい体験の提供を目指し、両社のテクノロジーを掛け合わせ、来訪者の位置情報を可視化する弁当箱「LifeLineLunchBox(ライフラインランチボックス)」のコンセプトプロダクトを開発。コンセプトサービスとして、2018219日から221日までの3日間、かぐらスキー場にて無料体験イベントを開催することを発表した。
https://news.mynavi.jp/article/20180214-584402/

というニュースを見て、IT×弁当箱ネタが大好きな私としては気になって仕方なく、イベントに申し込んでみました。2月19日〜2月21日の開催期間中、かろうじて21日なら午前中の打ち合わせが終わって新幹線に飛び乗れば間に合うんじゃないか!と淡い期待をこめて応募したら、なんとイベントは19日とのこと。
でも気になる。諦めきれずに日程調整し、弊社の若いスタッフが1名を送り込めることになり、早速応募してみました。

こんな大雪のニュースが飛び交うこの冬に、しかも平日に越後湯沢駅でやるイベントに参加したいなんて物好きは、そうそういないはず。もしや応募者は1名だけでは…と一抹の不安。
やはりそんな雪山遭難模擬訓練みたいなのに自腹で参加したい物好きは少ないらしく、応募抽選と言いながら、申し込んでみたら事務局から驚くほどの即レスいただきました。無事に参加資格を獲得です。

さて当日のスタッフからのレポです。
新幹線で越後湯沢駅に到着。東京から実は近い。高崎の次の駅。ほぼ群馬です。

駅から直通バスが出ています。平日のしかも月曜日の午前中にわんさかスキー客がいるわけもなく、自分含め6名のみ、との報告。そしてどうみてもイベント参加者は自分一人の気配です、とのこと。

さてイベント開始です。結局参加者は弊社のスタッフ一人だけだったそうです。イベントの華やかさはなく、もはやロケの様相。こうなったらダウンにブーツ姿で雪山に向かった弊社スタッフもスキーウェアとスキーまで借りていただき、積極的な参加姿勢。

こちらがLifeLineLunchbox(ライフラインランチボックス)。デバイスが内蔵された結構大きめのボックス。保冷や保温の機能はないようです。赤いスマイルボタンつき。

ボックスのフタをあけると、おばあちゃんのお家を思い出すようなタッパーになんだかおいしそうなものが詰まっている気配です。期待高まる。お手拭きまで入っている心遣い。

img_1865.jpg

お弁当をあけてみると、お野菜たっぷり、地元の食材が詰まっています。予想よりもずっとおいしそうです!!

img_1867

ちなみに、ボックスにある赤いスマイルボタンを押すと、「Thank you for the meal(ごちそうさま)!」というメッセージとともにスマイルマークが表示されるそうです。

もともとこれは、Trektrackというデバイスサービスがベースになっています。山小屋などに小型のアンテナを設置することで10km圏の独自のネットワークを構築。オンラインで閲覧できるほか、HELP連絡も可能。単4電池2本で5日間持続、というのでなかなかのタフガイです。

このデバイスをもっていれば、wifiがつながらなくても大丈夫、自分の位置情報が下の画面のように表示されるというわけです。

 

お弁当はリフトの上にあるレストランの中で食べたそうですが、それで終わりではせっかくイベントに参加した甲斐がない。動いた軌道も見たいので、もっとやらせてください!と交渉し、デバイスを持ってスキーを滑らせていただくことができました。といっても弊社スタッフ、それほどスキーの腕前に自信はありません。

その時、取材に来ていたライターさんが一緒に滑ってくださることになったそうです!
なんとその方は、大回転でインターハイ出場経験者。こんなに心強いことはありません。恐る恐る一緒にリフトに乗って滑ったそうですが、なんとその方、30年ぶりの大滑走だったそうで、途中ゴロゴロゴロとダイナミックに雪だるまのようになりながら、でもやはり昔取った杵柄かスピードも傾斜も怖くないらしく、猛スピードで降りていったそうで、でも寄る年波にはかなわず、Gの大きさに筋力がついていかず、ゲレンデの麓で力尽き、起き上がれずにしばらく寝転び、救いの手を求めてきたそうです。

怪我が無くて何よりです。私も久々に行って、スキーやりたかった。

IoT弁当箱の試行錯誤は、まだ続きそうです。でもきっと、これはいい!というサービスが出てくると私は信じています。
ライフラインとお弁当箱の組み合わせ。お弁当が命を救うお手伝いをするなんて、すごく素敵だと思います。

【ラジオ】2/21(水)TOKYO FM『Honda Smile Mission』

TOKYO FMをキーステーションにJFN36局で放送中の番組、日本中の人々の笑顔を探しに行くHonda Smile Mission

今年10年目になるご長寿人気番組です。レポーターのゆっぴー(太田唯)さんが自宅に取材に来てくださいました。

スクリーンショット 2018-02-21 17.38.07.png

毎日のお弁当作り、メニューに悩んだり、彩りを気にしたり、忙しい時間の中で作るのが面倒だったりと、とかくネガティブになってしまいがち。
でも、そう難しく考えずに、お昼に食べたいものを作って持っていくのがまずは一番です。

「お昼にあれが食べられる!」

と思いながら午前中を乗り切って、フタを開けるのが楽しみ。食べるとなんだか元気になって、午後も頑張れそうな気がする。お弁当には、そんな力があると思っています。

今回取材していただくにあたりご用意したのは、お弁当2つ。

玄米入りご飯に、おかずは鶏の照り焼き、ゆで卵、きのこの胡麻炒め、絹さやの塩ゆで、なすの焼き浸し、赤カブの甘酢漬け。

ご飯とおかずのセパレートタイプ(角型)と、のっけタイプ(楕円型)、盛り付けを変えてみると、全く同じおかずでも結構見た目の印象が変わります。

使った調理道具は、小さいフライパンと片手鍋の2つ。コンロは2口使用。

まずは片手鍋に湯を沸かして塩を入れ、さっと絹さやを茹でたら取り出し、同じ湯で卵を固茹で。絹さやはアクが少ないので、そのまま卵をゆでても全然OKです。
その間に、フライパンできのこを炒めて取り出して、胡麻をふりかける。次に同じフライパンで鶏肉を焼きながらその横でナスを素焼きに。ナスが焼けたら取り出して、ポン酢をかけておきます。鶏肉に完全に火が通ったらみりんと醤油を加え、とろみがつくまで加熱してタレをからめてできあがり。ちなみにカブの甘酢漬けは週末に作り置きしておいたものです。

取材の様子は、たくさんの素敵な写真(カメラマンさんがすごく美味しそうにお弁当を撮ってくださったのが本当にうれしい!)とともに、番組のブログで紹介してくださっています。
また、radiko.jpのタイムフリー視聴で、期間限定で放送を聴くことができますので、もしお時間がありましたら是非聴いていただけるとうれしいです。

お弁当作りに悩んでらっしゃる方の悩みが、これを聴いてくださることで少しでも軽くなるといいな!と思います。

【書籍】学研プラス刊『野上さんちの超ラクチン弁当』発売

fullsizeoutput_23e0

学研プラス刊『野上さんちの超ラクチン弁当』が発売になります。

お弁当のおかずに使えるレシピを、144品収録しました。
おかずは、
赤・黄・緑・白・黒(茶)・紫の6つに色分け、
1つの食材を、甘・辛・酸・作り置きに展開。

fullsizeoutput_23e1fullsizeoutput_23e2

いつもの食材・いつもの調味料・いつもの調理法で、できるもの。1品あたりに使う食材や調味料、手順も、できるだけシンプルに。
一度は作るかもしれないけど二度は作らないなー、というレシピを省き、これなら一度作れば覚えられそう、という超実用的なものだけを選びました。

また、手早いお弁当づくりのキモである、調理と盛り付けのフローも、盛りだくさんでご紹介。お弁当は、作るだけでなく、詰めて片付けるまでが一連の流れ。ここまできてやっと作業おしまいです。

パパのパワー弁やママの手抜き弁、部活弁、園児のお弁当など、9パターンのお弁当について、
・調理台を効率的に使って手早く調理するためのフロー・お弁当箱に盛り付ける順番を、図説しています。

fullsizeoutput_23e3

飾り切りや、お飾り用野菜、飾るためのお弁当グッズは、潔く一切ナシ。冷凍食品に頼らなくても、冷蔵庫にあるものだけで、30分あればお弁当ができて、片付けまで終われる。毎日でも食べ飽きず、そして作ることが負担にならないお弁当づくりのヒントをご紹介しています。

本を作るときにいつも思うのは、

「お弁当づくりや日々の食事づくりの、ゼロから1のきっかけになり、1が無理なく毎日続くヒントになりますように」

ということです。
例えば、これから始めてみようと思うときや、
今までやってきてイヤになっちゃったけど、またやってみようかなと思うときに、
食材や調味料や調理法、どこかにめんどくささや難しさがチラつくと、やる気もそがれます。

料理好きで、長年料理をしてその結果料理上手になった人間が「簡単ですよ」っていうことって、本当に簡単だろうか。それが押し付けがましく、ひとりよがりになっていないかなあと。経験の蓄積に紐づく、簡単と思えるポイントまでも説明できて、はじめて腑に落ちるんじゃないか、といつも考えます。

すでにお弁当や食事づくりに楽しさを見出せている人は、すでに1から100を自分自身で積み上げたり、掘り下げたりと探求できる人が多数。そして世の中には、よりその腕をあげるためのヒントになる良書や先生がたくさんいます。私はそちらではなく、「ゼロから1」をつくるお手伝いがしたいなと。

今まで作った本は全て、手に取ってくださった人にとって、
一度本を開いて眺めて終わり、ではなくて、2〜3度開いて作っているうちに、見なくても作れるほどになって、そのうち違う食材なんかでも同じ味付けや調理法でできるじゃん、とアレンジもされて、しまいには本の中のレシピではなくて、作る人本人の名もなき家庭料理になるものを、と思い世に出しています。

なかなか本が売れない時代ですが、でも手に取ってくださった方のお役に立てますように。
今日から書店の店頭などにも並ぶそうなので、もし見かけたら、ペラっと中をみていただけたらうれしいです。あ、Kindleもあります。ちょっとお得です。

【イベント】1/26@代官山、スープジャーのお弁当教室開催

bnr_800x420_180110_2

サーモス社によるスープジャーのお弁当教室の講師をさせていただきます。朝活にいかがですか?

2018年1月26日(金) AM8:00~9:00@代官山TENOHA

参加無料

当日使用した「サーモス 真空断熱スープジャー」をお持ち帰りいただけます。製品は選べません。

<体験レシピ>

・青菜の和風おかゆ

<レシピの紹介・ご試食>

・わかめと春雨の自家製即席スープ

・カラフルガスパチョ

・カリフラワーのスープ煮クミン風味

スープジャーの特徴や、保温調理のコツ、簡単にできるレシピをご紹介。顎が外れるほど簡単です。お弁当ってこれでいいんだ!と思ってくださるといいなあと思っています。ちなみに当日は、「青菜の和風おかゆ」の保温調理を体験していただきます。

お昼頃には食べ頃になるので、そのままお持ち帰りいただき、スープジャーランチを楽しんでみてください。申し込み受付は↓

https://www.club-thermos.jp/campaign/show?page=event_cookingclass

フレイル予防に家弁を

レシピ多様化するライフスタイルで活用される「家弁」http://www.ehealthyrecipe.com/recipe-webapp/smart_recipe/vol03/
 
スクリーンショット 2017-12-01 10.42.58.png
第一三共株式会社【eヘルシー かしこいレシピ】のウェブサイトにてフレイル予防について取材していただきました。
 
フレイルとは、
「体がストレスに弱くなっている状態」のことを指すそうで、高齢者に多く見られる状態。これは、早く介入をすれば元に戻る可能性があり、特に料理、という行為は、とても効果があるものの1つだと言います。
 
ここ数年、
「あんなに料理していた母が、一人で暮らすようになったら全然ご飯を作らず、久しぶりに行くと痩せてしまって心配なんですよ」とか
「子どもが巣立ったら、なんだか急に料理を作る意欲がなくなっちゃって、食事が粗末になっちゃって」いったお悩みを耳にすることがしばしばありました。
 
やっぱり作り置きしておいてそれを食べるようにしたほうがいいですかね、とおっしゃるのですが、たくさんの材料を買ってきて運ぶだけで疲れてしまい、さらに何品も作り置きするなんて、結構大変!しかも、それを一人で食べ続けていると、今度はそれが飽きたり気重になったりしかねません。
 
そこで私がご提案させていただいたのは、「朝にその日1日分、3食分のものだけ用意する」こと。そして食事ごとの「少しだけ」の作業でおいしく飽きのこない食事をする。お弁当に詰めれば、洗い物を減らすだけでなく、フタを開ける楽しみも生まれます。
これなら気楽でできそう、と思って試していただけたらうれしいです。

「おいしい鶴岡 食の映画祭」に行ってきました

先週末の11/18-19に、山形県鶴岡市に行ってきました。目的は、「おいしい鶴岡 食の映画祭」。クラウドファンディングに参加したのですが、一度も行ったことのない土地なので、せっかくならこの機会に行ってみようと思い立ち、チケットが届くコースを申込み。

IMG_0397

朝6:55発の飛行機で庄内空港へ、そしてリムジンバスで鶴岡市まで。
場所は、鶴岡まちなかキネマという映画館。昭和初期に建てられた繊維工場を活用したという建物は、洋小屋の組み方でありながら、中に入ると素晴らしく立派な梁が天井にめぐらされていてなかなかユニーク。小さくて、温かみのあるとても素敵な映画館でした。
ちなみに、お隣にはパン屋さんがあって、ここがとてもおいしかった!(お腹が空いてすぐに食べてしまってパンの写真を取り損ねる始末)
ymVEtjdQR8uT0r7a9t58+g.jpg9時からのオープニングイベントをみることはできませんでしたが、朝10時スタートの映画に間に合いました。鶴岡滞在中は、土曜日は強風と大雨、日曜日も強い風の中に雪が舞うというあいにくのお天気。町歩きは全くできませんでしたが、でもそのおかげで、食にまつわるドキュメンタリー映画
『千年の一滴 だし しょうゆ』(日仏合作)
『カレーライスを一から作る』(探検家関野吉晴氏による武蔵野美大課外ゼミ)
『74歳のペリカンはパンを売る。』(浅草の人気パン屋さんの話)
の3本をゆっくり見ることができました。

2QFb1EgHTqKdTBhQYc2DcQ.jpg
それぞれの感想は野暮なので書きませんが、個人的に一番面白かったのは、『カレーライスを一から作る』。わかりやすいテーマで、ムードでごまかさずに、実直に伝わってくるものがあり、今回一緒に連れて行った8歳の息子も、唯一途中居眠りせずに最後まで食いついて見ていました。

こういったドキュメンタリー映画は、単館上映されることはあっても忙しさに追われて気づけば終わってしまっていた、ということしばしば。同じタイミングで一度に数本見られる機会はなかなかなく、天候の悪さも手伝って、映画だけ見る、という贅沢な時間を過ごすことができました。

映画祭自体は、24日まで開催されていて、23日と24日には、映画の監督さんなどのトークイベントもあるようですよ。なかなか楽しそうです。

わずか一晩だけの滞在でしたが、活き毛蟹や熱燗をいただき、〆には岩のりのおにぎりも。おいしい鶴岡も少しだけ味わうことができました。今後はもっとゆっくり、庄内という地方をめぐりたいです。
IMG_0528.JPG

【ムック】がんばらない10分夜食レシピ(笠倉出版社)発売

先日、『がんばらない10分夜食レシピ』(笠倉出版社)が発売になりました。

IMG_0371

なんにもしたくないけど、なんか食べたい!
そんなときに、10分以内で作れる夜食レシピをご紹介しています。子どもたちが受験生だった時、急にお腹すいたなんかない?と言われてよく作ったものや、飲み会後に帰宅して小腹が空いたときに作っているものなどを盛り込みました。

fullsizeoutput_2211.jpeg

調理はすべて3工程まで。
パックを開封したり、ちょっと切って豆腐にのせるだけの具沢山冷奴や、アボカド和え、鍋1つフライパン1つで作る即席リゾットやヘルシー春雨など。野菜がたっぷり食べられる自家製ドレッシングやネギ塩だれは、野菜だけでなくお肉やお魚、豆腐と合わせてもよし。

スクリーンショット 2017-11-15 16.48.59.png

糖質が気になる方、カロリーが気になる方、それぞれだと思うので、全レシピに糖質とカロリーを両方記載しています。

全国のセブンイレブンや書店、またウェブサイトなどで購入できます。もし見かけたら、ペラッとめくってみてください。

【ムック】冷凍で作りおき! 子どもも喜ぶ 朝5分の簡単おにぎりレシピ50(宝島社)

少し前になりますが、付録付きムックが宝島社から発売になりました。

『冷凍で作りおき! 子どもも喜ぶ 朝5分の簡単おにぎりレシピ50』(宝島社)

IMG_9970.JPG

肉・魚介類から野菜メインの具材まで、一度だけ食べて終わり、というものではなく、何度食べても確かにおいしいおにぎりの具を50種類。ご飯に合う家族が喜ぶバラエティ豊かなレシピを50種類ご紹介しています。

休日や夕飯作りのついでにちゃちゃっと作りおき冷凍しておけば、平日の忙しい朝にも5分で手早くいろいろな味のおにぎりが作れます。

IMG_0408

これは、付属のさんかくシリコントレー(抗菌加工)。これを使えば、ポロポロこぼれやすい具も三角形に冷凍するから、握りやすくなります。ふだんのおかずのひじき煮やきんぴら、煮豆などを、作りたての時にトレーに小分けして冷凍しておいてもOK。みそまるやおかず味噌の作りおきにも便利なトレーです。

収録レシピの中のオススメの1つがショウガの佃煮。普段脇役の薬味での登場が多いショウガですが、佃煮にするとこれがおいしい。そして、これをおにぎりの具の代わりに、ごはんにのせて、ほうじ茶かなんかをかけてお茶漬けにしても、飲み会後の小腹に最高です。