2022/6/23(木)テレビ東京「カンブリア宮殿」取材協力

6月23日(木)のカンブリア宮殿:テレビ東京
https://tv-tokyo.co.jp/cambria/

は、サーモス社の特集。
ステンレス魔法瓶の魅力をどう伝えるのか楽しみです。

お弁当に使えるスープジャーの前に、私は実は長年シャトルシェフユーザー。
シャトルシェフの魔法瓶構造の保温調理の魅力から、スープジャーも使い始めたという長年愛用者の1人として、少し取材を受けました。
その際に、また変なアクセル踏んで熱弁してしまったのですが、その様子も少しだけ映るそうです。
何か一つ作ってください、とのリクエストをいただいたので、カレーを作りました。

シャトルシェフと他の鍋とでカレーを作った場合、「出来上がりまでの時間」自体には、大きな差はありません。
シャトルシェフは、出来上がり時間を短くする、という商品ではないです。

大きく違うのは

●直接火にかける時間を短くして保温加熱調理するので、調理者自身の拘束時間が劇的に短くなる(ずっと近くにいなくていい)
→ただ、これは電気圧力鍋なども同じメリットがあります

●直接火にかけている(コンロやレンジやコンセントからの電源などを使っている)時間が劇的に短くて済む
→しかも調理中に、外的なエネルギー(ガスや電気)に頼らない。これを劇的に減らせる

電気圧力鍋のホットクックや、電気掃除機のルンバなど、作業者自身の拘束時間や労働時間を肩代わりしてくれる便利なものはとても増えていて、話題にもなっています。
でもそれらは、人の代わりに動いている間、電気を使います。
つまり、人の運動エネルギーを電気エネルギーに肩代わりしてもらっているわけです。
シャトルシェフは、運動エネルギーを電気に肩代わりさせずに、自分自身の技術(魔法瓶構造)でそれをします。

そこが大きく違うと思っています。
ここに尽きると思います。
伝わるといいなあ。

ちなみにシャトルシェフ、保温調理中はコンセントもガスもいらないので、例えばこんな使い方も。
先日、引っ越し先のオフィスに友人が来てくれることになり「一緒にお昼でも食べよう」と誘ったものの、その日は朝から打ち合わせなどでバタバタしていてランチを作って用意する暇もない。

というわけで、家でカレーの材料を一通り切って炒めて沸騰するまで10分煮たところでシャトルシェフに入れて、鍋ごと自転車で出勤。
そのままお昼までオフィスの端に置いておいたら、お昼にカレーができていた。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。