『楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう』(成美堂出版) 発売

新刊『楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう』(成美堂出版)
が発売になります。



お弁当は、日常の食事なので余分な飾りは要らず、食べる人が食べきってお弁当の時間が好きになること、作る人が嫌にならずつくるのを楽しめること、それでいいんじゃないかなと思います。

本をつくる前に、版元さんと編集者さんにお願いしたのは、「飾り切りやピックみたいなのも一切ナシで、女の子は赤やピンクやお花が好きよね、男の子は青色や車や虫でしょ、みたいな偏ったスタイリングはナシで、やらせてください」ということでした。

お弁当生活がお子さんにとって初めて、というときは、つくる親の方もお弁当作りが初めて、ということも結構多いです。
食べる子どもも、つくる大人も、最初につまづいて「なんかお弁当ってやだな」「つくるの大変だな」と思っちゃうと、なにせ毎日のことなので辛くなっちゃいますし、それが小学校の遠足や夏休みの学童、中学高校の通学、部活、塾弁、と実は結構続くお弁当の機会のたびにユウウツになったら、ほんと辛いです。
だから、この先もあるかもしれないお弁当作りの機会にも「ああ、はいはい、おべんとうね」と気軽につくれるスタートになれるような本になるといいです。
食べる人も作る人も、お弁当を楽しみに、好きになってもらえたらいいなと思います。

この本をつくるにあたって、編集者さんも、デザイナーさんも保育園に通う初めてのお子さんがいらっしゃるワーキングマザーで、私を日々サポートしてくれるアシスタントも一番下が保育園生の3人の子のママ。
彼女たちが毎日お弁当をつくることになっても、楽しく気軽につくれるような本にしよう!というのが私のゴールの1つでした。

我が家の子どもたちは3人皆、それぞれ毎日お弁当持参の園に通ったのですが、その当時を思い出しながらメニューをたくさん出してたくさん選んでギュッとまとめました。
おかずは全部、大人も子どももおいしいと思うもので、何か特別に味を変えたりしていません。子ども用に食べやすい大きさにする、ということだけです。
だから、量とサイズを変えて大人のお弁当にしていただいてもおいしいです。
また、おかずつくる暇がない時の一品弁当のページ、おすすめです。

撮影中、手のひらに乗るような小さい小さいお弁当箱にお弁当をつくるのは、本当に楽しかったです!!

楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう』(成美堂出版)

投稿者: 野上優佳子_YUKAKO Nogami

料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。「楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう」(成美堂出版)を始めお弁当などをテーマにしたレシピ本の著書(20冊以上)、レシピ本の企画制作、ワークショップ、弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。 35年以上お弁当を作り続け、300個を超えるお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る目線からの、実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。私生活では2女1男の母。1972年生まれ。 Instagram(http://instagram.com/yukakonogamis/)ではお弁当を詰める様子やレシピの動画を日々更新中。 国立研究開発法人水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。