国産ヒノキの生活用品ブランド「NUSA」弁当箱監修

木曽檜材を使用した三方を300年作り続ける岩田三宝製作所が、国産ヒノキを素材に愛知の伝統工芸品尾張仏具の「三方」の技術を使用した生活用品シリーズのブランド「NUSA」をスタート。その第1弾がお弁当箱で、こちらの監修をさせていただきました。

国産ヒノキを使った新ブランド「NUSA」第1弾はお弁当箱

デザインは、工芸デザイナーの島村卓実さん。
ヒノキは、軽さ、調湿性、抗菌性という特性から、古くから食具にも多用されている木材。
一方、神仏具や三宝を作る際に用いられる曲物の技術は、わっぱに通ずる技術でもあります。
この既存技術と素材に、現代の生活の中にマッチするデザインを組み合わせることで、廃れてしまう産業に新しい息吹が生まれるのって、素敵なことだなと思います。

被せ蓋部分にある小窓は、古くからの神仏具に使われている縁起物の形を生かしていて、アクセントとしてだけでなく、空気を通して蓋の開閉がしやすくする役目も果たしています。
本体には、付属の防水シール6色入り。ポップに色分けできる!
今後は、弁当箱をはじめとして、トレイ、ボウルや折り畳みスツール、テーブルなど多くのジャンルにわたって展開される予定です。

愛知の伝統工芸品「三方」の技術を用いたプロダクトブランド「NUSA」が設立https://www.axismag.jp/posts/2021/01/332213.html

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。