新刊『ごはんをつくる前に読む本』

『ごはんをつくる前に読む本 ー三日坊主をくりかえせば自由に生きられる』(笠倉出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/477302643X

の見本誌が到着!やっとできた。ほんとにうれしいです。
いつも私を支えてくれるスタッフの皆さんのおかげです。

表紙のデザインは、2パターンで迷い、私自身も決めきれずにツイッターやインスタにそれを載せたところ、こっちがいいよ!とフォローしてくださっているたくさんの方がコメントをくださって、圧倒的に支持が多かった右横タイトルのデザインに決めました。


デザイナーのけいこちゃんが、この本の中ですごくかわいく私を書いてくれてちょっとサギですが、そこはお許しください。

こんな感じ

コラム、図説、イラスト、写真を使いながら、どうしたら思いがお伝えできるかなあと試行錯誤しながらまとめました。

料理って「うまい」よりも「できる」ことの方がずっと大事だと私は思っています。
自炊が何よりもいいとか、手作り至上主義とかそういうことではなくて、自分が何かを食べようと思ったときにいつでもその選択肢の中に『自分でつくる』があると、生きるのが自由になると思うのです。

自由に食べるって?ごはんつくるって、どういうこと?
自分が食べたいものをみつけて、それを口に入れるまでの道のりを1つずつ分解してみると、自分が無意識にストレスに感じていたことも見えてきます。そうすると、どう解決できるかのヒントも見えてきて、ずっともっと食べることを自由に楽しめるようになります。

ごはんをつくるのだって、私自身を振り返れば試行錯誤の歴史でした。或る日突然雷に打たれて、または料理の神様が枕元に立って、料理ができるようにしてくれたわけじゃなく、つくっては食べ(あれまずい)、つくっては食べ(この前よりマシか)、つくっては食べ(まあこれでいっか)、とそうするうちになんかできるようになってきたわけです。
そこを飛び越えて、簡単にできますと料理のテクニックの話をしても、ピンと来ない方がいらっしゃるのはもっともだなあ、と。
だから、ごはんがつくれるようになる過程をできるだけ可視化してみよう、という試みをもってつくったのがこの本です。

ちなみに、この本ができるまでのことは、
『ごはんをつくる前に読む本』ができるまで
https://note.mu/yukako_n
にあれこれと書いています。

SNSで予約しましたよ、よ言ってくださった皆さん、本当にありがとうございます。間も無くお手元に!ぜひご覧いただいたら感想をお聞かせください。5月31日から店頭発売です。
一人でもたくさんの方に手に取ってもらえますように。そして、読んでくださった方に、心軽やかな自由に食べる毎日を!

『ごはんをつくる前に読む本 ー三日坊主をくりかえせば自由に生きられる』
https://www.amazon.co.jp/dp/477302643X

投稿者: 野上優佳子_YUKAKO Nogami

料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。「楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう」(成美堂出版)を始めお弁当などをテーマにしたレシピ本の著書(20冊以上)、レシピ本の企画制作、ワークショップ、弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。 35年以上お弁当を作り続け、300個を超えるお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る目線からの、実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。私生活では2女1男の母。1972年生まれ。 Instagram(http://instagram.com/yukakonogamis/)ではお弁当を詰める様子やレシピの動画を日々更新中。 国立研究開発法人水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。