【新聞】毎日新聞「くらしナビ」(3/21掲載)

本日の毎日新聞「くらしナビ」紙面に取材協力させていただきました。お弁当作り、実は時間がかかっているのは、調理そのものよりも、メニュー決めや盛り付けだったりします。

メニュー決めをできるだけシンプルに簡単にするコツや、同じお弁当のおかずでも盛り付け方を変えるだけで印象が違うことなど、簡単レシピや写真と共に紹介していただきました。

IMG_8485

内容はこちらでもご覧頂けます↓
http://mainichi.jp/articles/20170321/ddm/013/100/021000c

当日作ったお弁当はこんな感じ。手前が中高生女子の量でご飯とおかずの組み合わせ、奥が男子の量で、のっけ弁スタイル。
IMG_8500

新学期が始まり、お弁当生活を新たに始める方も多いと思います。
お弁当は、何を持っていくかをあれこれ悩む前に、「毎日何かお昼に食べられるものを持っていく」という習慣をつけることが第1歩です。

新生活が始まる時期は、そもそも慣れないことだらけで疲れも溜まる毎日です。
一人暮らしを始めたばかり、という方は、料理を作ること自体まだ慣れていなかったりします。そんな時に最初から全て手作りで、なんて言っていたら、ハードルが高くなって、嫌になったりもして、なかなか続けられません。

慣れないうちは、1品だけ手作りのものにしてあとは市販のおかずや冷凍食品を活用してもOK。
料理は、毎日少しずつでも続けていると習慣になって、気づけば結構腕が上がっているものです。自転車だって、逆上がりだって、最初はできないけど、慣れると簡単になります。料理も一緒。
まずは、食べる人がお昼に食べたいと思うものを、家から持って出かける。おにぎり1個でも、全然OK。そこがスタートです。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。