【Chef Naoko しずく】@ポートランドが新装オープン

先週は1週間、アメリカのポートランドに出張へ。
ポートランドは秋真っ盛りでした。

ポートランドのダウンタウンにある、オーガニックな地元食材をふんだんに使った日本料理レストランChef Naokoが、建築家隈研吾氏のデザインによってリニューアルし、そのオープニングのサポートのために1週間厨房。オーナーシェフは、私のとても大切な友人なのです。

美しい内装は、くつろぎと美しさが兼ね備わった素敵なものでした。ソフトオープンということで橙たきなアナウンスをしなかったにもかかわらず、オープンの数日間はランチのみなのに開店前に行列が。地元の人に愛されて来たことがわかります。

あたらしいレストラン「Chef Naoko Shizuku」では、弊社がプロデュースさせていただいた美濃焼弁当箱「ieben」が使われています。

この器とのコラボメニューがランチでいただけます。使っていただくにあたり、日常の日本のお弁当を体験していただくために、盛り付けのチェックなどもさせていただきました。

 

自家製のぬか漬け、そして自家製味噌による味噌汁付き。衣にオートミールをプラスして、クリスピーなのが大好きなアメリカの舌にマッチさせながら日本のとんかつの美味しさをしっかりと伝えていたり、と随所に小さな発見や楽しみも。ポートランドにご滞在の際は、ぜひ足を運んで見て下さい。

ちなみにChef Naokoは、デルタ航空の日本からのポートランド直行便の機内食(ビジネス・エコノミー共に)も手がけています。もしポートランドからのお帰りにエコノミークラスでカツカレーが登場したら、「pork」を選ぶことをお勧めします。とてもおいしいですよ。

 

Chef Naoko
http://www.chefnaoko.com

1237 SW Jefferson St.
Portland, OR 97201

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。