桜陶祭の陶箱弁当

先週末、長崎の波佐見焼の産地に行ってきました。お目当ては、波佐見町の中の中尾山地域で行われる桜陶祭。

4月初めに開催され、1年に一度このお祭りの間だけ「陶箱弁当」といってそれぞれの窯元さんの陶器にお料理を詰めたお弁当が販売されるのです。器はそのまま持ち帰ることができます。陶器とお弁当の組み合わせは、今弊社が手がけているプロダクトとまさに重なる部分があるので、ぜひ本物を見てみたい、と思い立って出かけました。

朝一番に東京を出発し飛行機で長崎空港へ。その後バスを乗り継ぎ、お昼に到着して、目的のお弁当は完売でしたが、他の窯元さんの陶箱弁当をなんとか1つ獲得!うれしいーー!

お土産に買ったのは、平皿と、陶器のお重箱。駆け足でしたが、とても良い取材旅行となりました。

image

 

 

 

投稿者: 野上優佳子_YUKAKO Nogami

料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。「楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう」(成美堂出版)を始めお弁当などをテーマにしたレシピ本の著書(20冊以上)、レシピ本の企画制作、ワークショップ、弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。 35年以上お弁当を作り続け、300個を超えるお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る目線からの、実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。私生活では2女1男の母。1972年生まれ。 Instagram(http://instagram.com/yukakonogamis/)ではお弁当を詰める様子やレシピの動画を日々更新中。 国立研究開発法人水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。