国際BENTOコンテスト2015の結果が発表されました

第7回目となる、国際BENTOコンテスト2015の結果が発表されました。今回のテーマは「サンドウィッチ弁当」。
優勝者2名(海外・国内各1名)の写真はこちらで見られます。

どちらも、ただ飾り立てるのでなく、ちゃんと食べておいしそうで、食べ物の色を生かした美しさのお弁当ですね。食べてみたいなあ。

フタがちゃんと閉まるように盛りつけているのも、さすが!という感じ。盛りつけの容器として考えればフタを考慮しなくてもよいのかもしれませんが、持ち運ぶことを考えるとやっぱりフタは必要。そして、フタを開けた瞬間のワクワク感もお弁当の醍醐味の1つかもしれません。

上位10作品の順位は、オンライン投票にて決定されるそうです。気に入ったお弁当写真に投票してみてはいかがでしょうか。

投票はこちらから
http://www.bentoandco.com/pages/vote-chef-bento-2015

サンドイッチをおさめる容器として、通気性の良い柳や竹の行李はとてもよい具合です。四角や三角の形状を美しくすっきり収める、という点では、四角四面の重箱もなかなか重宝。シンプルでありながら、うまいこと調和して世界各国の食べ物を収めてしまうのですから、改めてお弁当箱って素晴らしいと思います。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。