下仁田ネギ

仕事でとてもお世話になっている友人から、下仁田ネギのおすそ分けが届きました。とてもうれしいです。

IMG_6606

群馬県の名産である下仁田ネギは、「殿様ネギ」とも呼ばれているそうで、その由来は↓
http://www.town.shimonita.lg.jp/nourin-kensetu/m02/m01/m01/04.html(下仁田町ホームページ)

下仁田ネギとポロネギ(リーキ)、白い太い部分は見た目そっくり。
青い部分が下仁田ネギは筒状で、ポロネギは平べったくてちょっと太いニラのような感じ。

加熱すると、どちらも臭みは弱くて辛くなく、とっても甘い。
どちらかというと、下仁田ネギのほうが口当たりのやわらかさと甘みが強め。
鍋でもスープ煮でも塩焼きでもなんでも、煮込むととろりとして甘くておいしい。
でも下仁田ネギ、加熱せずに小口切りにしたりすると、通常のネギよりもしっかり結構辛い。だから冷たいそばの薬味にして、辛い辛いと喜んで食べます。

ネギは日本の食文化の中でも歴史が古く、「うつぼ草」(野草のウツボグサは違うもの)や、「ひともじ」などの別名で万葉集などにも登場します。

「うつぼ草」の由来は、矢を納める筒型の容器を<うつぼ>というので、ネギの中が空洞だからそう呼ばれたと勝手に思っています。

「ひともじ」の由来は、葱が漢字一文字だからだそうで、熊本県にこの名の名残を見ることができるようです。
熊本では、根元が少しぷっくりした分葱を「ひともじ」と呼んでいて、郷土料理の「ひともじのぐるぐる」は、巻いた分葱の酢みそ和え。何ともかわいい名前です。

今日は大寒。下仁田ネギを入れて温かい鍋を夕食にしようと思います。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。