鏡開きをして自家製かきもちを食べる

昨日(1月11日)は鏡開き。

正月に神様にお供えした鏡餅をおろして、無病息災を祈って、汁粉や雑煮などに入れて食べる。

鏡餅は木槌などで叩く。割る、というと縁起が悪いので開く、と言う。刃物などの金物で切るのも、武家の家などでは切腹を思わせるので縁起が悪い、といって木槌で叩いたり、手で割ったりする。
近年は、家の気密性が上がって冬でも家の中が温かいため、鏡餅がかびてしまってひび割れしにくく、開くのも一苦労。密封包装してあってカビないように加工してあるものもある。それはもっと開けないから、煮て食べるのが一番。我が家は毎年、かきもちにして食べます。

毎年、鏡餅は近所のお米屋さんにのし餅と一緒にお願いします。
餅が重なる部分と底の部分に、粉わさびを塗っておく。そうするとかびにくくなります。

玄関は冷えるので、そこに供えるのが、一番開きやすい。

00

朝に木槌などで叩いて餅を砕きます。1cm角程度の大きさがベスト。木槌がダメなら手でも割る。かびているところは、塩をふって白い紙に包んで処分しています。

01

ザルに並べて半日干します。

02

乾燥させた餅を、サラダ油で揚げます。はぜるものもあるので注意。少し弱めの温度で、箸でさっと混ぜながら、気長に6〜7分かけて揚げるとカラリと揚がります。

03

揚がったら、塩や青のり、ゆかりなどをふって出来上がり。

ちなみにかき餅は「掻餅」「欠餅」とも書きます。お供えの餅を手でかいたもの、というのがその名の由来。
揚げたての自家製かきもち、とてもおいしいです。お餅が残ったときにもおススメ。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。