冬の定番、果物の弁当おかず

20131206

 

【今日のお弁当】

ハムと卵のサンドイッチ、ブロッコリーと豚肉のソテー、ミニトマト、リンゴのレモン煮

チビさんだけがお弁当の日もあります。

リンゴのレモン煮は、お弁当に果物を入れるのが嫌いな私が唯一入れる果物のおかず?。

長女と次女の幼稚園は、冬にお弁当を温めたので、ミニトマトなどの生なものは入れられませんでした。(いや、ふだんからあんまり、ミニトマトでも生のものは入れるの余り好きではないのですが)

では温めてもおいしくて、色合いがよくて、口当たりがさっぱりで、子どもたちが好きなものを、といろいろしていくうちに、リンゴのレモン煮が、我が家の冬のお弁当の定番の1つになりました。

【作り方】
リンゴを洗って、種の部分を取り除いて皮ごと切って、ヒタヒタ程度の水とレモンの絞り汁(リンゴ1個に対してレモン1/4個分ぐらい)、お砂糖を大さじ1/2ぐらいを鍋に入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして7分煮て、火を止める。フタをしたまま冷めるまで待つ。で、できあがり。

電子レンジなら4分。耐熱ガラスの深型計量カップに材料を全部入れてラップをして、加熱。取り出してそのまま冷めるまで待つ。

と作り方の説明もいらぬほど簡単。ヨーグルトのトッピングや、豚肉のソテーの付け合わせにも良いので、結構便利なのです。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。