二宮町役場【かしこい消費者のための消費生活講座】

先週末の2月23日、神奈川県の二宮町に。町民生活部防災安全課からのご依頼で、【かしこい消費者のための消費生活講座】の講師として町民センターにお邪魔しました。

「おいしいお肉の選び方〜美味しく食べるために〜」

というお題をいただき、何をお話ししようかなあと。新鮮なお肉の見分け方とか、消費期限の目安やホームフリージングのコツ、なんてお話はありきたりだし、よく雑誌や情報サイトなどでも紹介されていることなので、面白みもない。

そこで、消費という意味を改めて検証しながら、美味しい食べ方を探すことにしました。講座では、

 

・「消費」は単なる購入だけでなく、食べるところまでを含んでいる

・安全性について自分が確かに掌握できるのは、購入→保存→調理→食べる  までの間だけ
(食肉の生産→販売についての安全性は国や業界が定めたルールや良心を信頼して私たちは購入している)

・いくら新鮮なものを選んでも、冷蔵庫に入れっぱなしでは何の意味もない

・美味しく食べるカギは、購入の次(保存と調理)の行動にある

・冷蔵冷凍技術の発達以前の肉の貯蔵法にヒントがある
→干肉、燻製という調理法

・燻製は、保存性・効率性・調理の汎用性・娯楽性・満足感を満たす「賢い」調理保存であり消費行動

・シンプルに家庭でもできる燻製は、揚げ物よりも簡単
(ふだんの焼く、煮る、揚げる、の一般的な調理行動にも容易に組み込める)

その賢い消費行動が、現代の食と消費の大きな問題の1つ「食品廃棄ロス」も減らす一歩にもつながる

 

ということをお話ししました。
そして実際に目の前で家庭でできる簡単な薫製をデモンストレーションで作り、ベーコンと燻製卵、スモークチーズもご試食いただきました。

多くの皆様に来ていただき、とても楽しんでいただけたそうで、本当にうれしかったです。
帰り際に皆さんにご挨拶していたら、あるおばあさまが
「この年になると、食べることって億劫でね。でもあなたの話を聞いて、食べることって楽しくて、とても興味深いことなんだって思い出しました。どうもありがとう。」

またあなたが来てくださったら必ず話を聞きに来ますよ、と言ってくださり、なんだかとてもうれしくて、胸いっぱいになりました。

二宮町役場の皆様、来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

その帰りの東海道線、気分よくビールなんか飲んだりしていたら、なんと調理道具や資料を入れたキャリーケースを車内に置いて降りてしまい…

でもとてもうれしいことに、忘れ物として車内の清掃の方が届けてくださいました。よかった!
ほんとに、家に着くまでが遠足、ですね。

20130226-2

投稿者: 野上優佳子_YUKAKO Nogami

料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。「楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう」(成美堂出版)を始めお弁当などをテーマにしたレシピ本の著書(20冊以上)、レシピ本の企画制作、ワークショップ、弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。 35年以上お弁当を作り続け、300個を超えるお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る目線からの、実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。私生活では2女1男の母。1972年生まれ。 Instagram(http://instagram.com/yukakonogamis/)ではお弁当を詰める様子やレシピの動画を日々更新中。 国立研究開発法人水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。