大晦日

画像画像

大晦日、年越し蕎麦は、平切りで鴨蕎麦。温かいそばと冷たいそば、両方食べたくて両方作りました。

昔は、大晦日の日の入りが一日の終わりと共に新しい日の始まりだと考えられていたので、大晦日の夕食は1年で最初の食事。
年神を迎えるため、家族全員で神棚のある部屋で供物となる食事を一緒に食べる。年越しの正式な食事でした。

年越しにそばを食べるのは、そばが細く長いことから、長生きを願って、と言われます。

年越し蕎麦の縁起のよい話は、もう1つ。金銀細工師が仕事終わりに、飛び散った金銀の破片を、そば粉を練って作った蕎麦だんごにくっつけて集めたことから、そばが「金を集める」縁起物になりました。

今年は皆さんにこの【meal insight-日々ホオバル】を見ていただき、本当にありがとうございました。日本をはじめ、世界各国の方々からの「いいね!」がとてもうれしく、励みになりました。

来年もまた、日本の食文化を1つずつお伝えできたらいいなあ、と思っています。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。