大晦日

画像画像

大晦日、年越し蕎麦は、平切りで鴨蕎麦。温かいそばと冷たいそば、両方食べたくて両方作りました。

昔は、大晦日の日の入りが一日の終わりと共に新しい日の始まりだと考えられていたので、大晦日の夕食は1年で最初の食事。
年神を迎えるため、家族全員で神棚のある部屋で供物となる食事を一緒に食べる。年越しの正式な食事でした。

年越しにそばを食べるのは、そばが細く長いことから、長生きを願って、と言われます。

年越し蕎麦の縁起のよい話は、もう1つ。金銀細工師が仕事終わりに、飛び散った金銀の破片を、そば粉を練って作った蕎麦だんごにくっつけて集めたことから、そばが「金を集める」縁起物になりました。

今年は皆さんにこの【meal insight-日々ホオバル】を見ていただき、本当にありがとうございました。日本をはじめ、世界各国の方々からの「いいね!」がとてもうれしく、励みになりました。

来年もまた、日本の食文化を1つずつお伝えできたらいいなあ、と思っています。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

投稿者: 野上優佳子_YUKAKO Nogami

料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。「楽しく作って毎日おいしい こどものおべんとう」(成美堂出版)を始めお弁当などをテーマにしたレシピ本の著書(20冊以上)、レシピ本の企画制作、ワークショップ、弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。 35年以上お弁当を作り続け、300個を超えるお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る目線からの、実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。私生活では2女1男の母。1972年生まれ。 Instagram(http://instagram.com/yukakonogamis/)ではお弁当を詰める様子やレシピの動画を日々更新中。 国立研究開発法人水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。