2012年12月17日のお弁当

画像

<今日のお弁当>
茄子とピーマンの甘味噌炒め、のり巻き卵焼き、大根とにんじんとさつま揚げの煮物、豚肉の塩焼き大葉風味、ごはん

大根は古くから日本で食用されている。日本最初の『古事記』にも登場する。古くは「おおね」と読んだが、音読になり「だいこん」になった。女性は大根に例えられて、あまり良い気はしない。
白くて太いから、足の太いのを「大根足」という。

古事記では仁徳天皇が
「つぎねふ 山背女の小鍬持ち 打ちし大根(おほね)
根白の白腕纏かずけばこそ 知らずとも言はめ」

と詠んでいる。自分の妻である皇后を詠ったのもので、その腕大根のように白い腕で絡み合った中ですよね、と色っぽい話をしている。

この時代の大根は、今よりずっと細かったそうなのでたいそうな褒め言葉になっただろうが、今そんなことと言ったら「あなたの二の腕って大根並みの太さですね」と言われたんじゃないかと、女性にむっとされるかもしれない。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。