事八日と一つ目小僧

20121208−1

 

今日は事八日。12月8日と2月8日に行われる行事の総称。「事」とはさいじ(歳時、祭事、斎時)を指します。

今日を「事始め」という地域があり、年の暮れに始めとは、と思いますが、来る新年の支度を始める、という意味合いがあります。元々事始めは12月13日だったとか。その一方で、煤払など1年を納める用意を始める「事納め」、と呼ぶ地域もあります。針供養が行われるのも、同じ意味合いを持つからでしょう。事八日には、けんちん汁や餅、だんご、小豆飯、そばなどをこしらえる風習があります。

私がこの日を好きなのは、一つ目小僧がやってくる日だから。この日山仕事を休む風習が全国各地で見られることもあるので、一つ目小僧は山の神の零落した姿、と言われる所以かもしれません。とにもかくにも、傘をかぶった小僧さんがやってくるのを退散させようと、昔は目数の多い籠やざるなどを玄関先に掲げたそうで、それを見た一つ目小僧さんがこりゃかなわんと逃げ出す事を思うと、愉快でなりません。

さて事始め、というわけで、年越しに向け我が家の食品棚にある乾物を整理しようと見たら、小豆が残っていました。今日はお昼に甥っ子のお誕生日会を我が家でしたので、ちょうど良いと、小豆飯(赤飯)に。私も次女も妖怪好き。小僧さんが来たら、駕篭なぞかざして追い返したりせず、一緒に晩酌でも、とお誘いしたい。

投稿者: yukakonogami

HORBAL代表取締役。 (株)リクルート検索サイト【あちゃら】にて立上げからISIZE移行までネットエディター。 総合情報サイトAll Aboutのレシピガイドとして、常にユニークユーザー上位サイトに。現在は「家族のお弁当」ガイドを担当。中学生の頃からお弁当を作り続けて30年、自分や家族や仕事で使ったお弁当箱は300以上。その経験を生かし、著書に『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)がある。 日本経済新聞土曜日版【日経プラス1】で⾷や暮らしに関するコラムを4年間連載。 東京MXテレビ【ザ・ゴールデンアワー】に半年間レギュラー出演し世界各国の料理を紹介。後、HORBAL設立。 杉並区協賛食育イベント「杉弁」や地域活性食べ歩きイベント「高円寺フードツアー」などの企画および運営に携わる。 その他、⽇経新聞社・日経BP主催の展⽰会でのソーシャルメディア企画および運⽤。東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェローを努める他、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発などを手がける。大学生から幼稚園まで、2女1男の母。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。