お弁当ギャラリー · 日記

2012年12月4日のお弁当

20121204

<今日のお弁当>
肉じゃが、のり巻き卵焼き、獅子唐のおかか炒め、肉味噌、ごはん

 

削った鰹節の呼称「おかか」は、近世の女性語。隠語のようなもの。
宮中に仕える女官たちが「かか」と呼んでいたのに接頭語の「お」がついたと言われる。
女性がなのか、ある一定の集団になると、というのか、いわゆる「内輪で通じる隠語」が作られるのは、今も昔も変わらず。
おかかを男性も使う事を言語のジェンダー流動化、なんて難しくするのは無粋。

鰹節、3枚おろしの半身で作ったものを「亀節」、そのうちの背の部分で作ったものは「男節」、腹の方は「女節」。
結婚式の引き出物や縁起事に使われるのは、「勝男武士」「鰹夫婦節」という語呂合わせの良さから。
とまた、駄洒落。日本人の駄洒落好きは尽きる事がない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中