年中行事と食 · 日記

[年中行事と食]酉の市

【酉の市】

毎年11月の酉の日に立つ市。2012年は11月8日と20日。
古くは「酉の町」と言われた。

足立区にある鷲大明神での祭礼が発祥と言われ、
この「とり」→「取り込む」と解釈されるようになると、商売繁盛開運と多くの商人が訪れるようになったそう。

市では熊手が売られるが、食という面から見ればかつては黄金餅が縁起物として売られていた。
粟で作った黄色の餅である。

ちなみに、江戸落語には、欲深い僧侶が貯めた金を渡したくないと、
貯め込んだ二分金や一分銀をあんころ餅にくるんで食べて悶え死に、
それを覗き見していた男が遺体からその財産を奪い取る『黄金餅』なる話がある。

私もこれから熊手を納めに、そして次の1年の願いを込めて新しい熊でと共に柏手をいただきに参ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中